FREE TIBET IN NAGANO

2008年04月26日、北京オリンピック聖火リレーが長野に来ます。聖火リレーでチベットを応援しよう!!
説明とか色々
このブログはリンクフリーです。北京オリンピック長野聖火リレーのコース紹介がメインです。 チベットのために何かしたいと思っている人は志を同じとする人が集まる掲示板やSNS、その他コミュニティサイトでどんどん紹介してください。

★長野市民の皆様・チベットのために長野市に来る方、チベット国旗を用意して聖火リレーの沿道に並びましょう。

【穏健的抗議方法】4月26日に長野市内で行われる北京五輪の聖火リレー

「聖火リレーでチベットを応援しよう」まとめサイト

大規模OFF板【胡錦濤来日時に東京をチベット旗だらけにするOFF 】@ wiki

チベット事件のまとめガイドライン

2ちゃんねる大規模off板

★スレッド一覧でCtrl+Fで「チベット」と検索すればスレッドを発見しやすい。

2ちゃんねる大規模off板スレッド一覧

★2ちゃんねるのチベット関連スレッドに問題が発生した場合やテンプレの保管、スレッド流れ回避のためにここで議論、オフ当日の居場所確認や集合場所などの実況にご利用ください。

大規模オフ板チベット関連避難所

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なぜチベットのことで世界中が動くのか? 

注意:この記事は私の見解です

なぜ現在、北京オリンピック聖火リレーの通過国で激しい抗議活動が起こるのか。
日本で生活している我々には理解できないでしょう。日本のマスコミはあまり情報を流さないので日本国内でも長野市民でも『スポーツと政治は切り離すべき』と思っている人がいます。特に長野市内では連日デモがおきなければ良いですね、起きたら嫌ですねという内容のニュースがテレビで流れています。

ではなぜイギリス、フランス、アメリカでこれほど激しい抗議活動が行われるのか?
それは外国人のほうがしっかり自分でニュースを吟味して自分から調べて、どちらが悪なのかということを理解しているからです。例えばチベット人権民主化センターのHPから閲覧注意!チベット人の遺体写真を見ることができます。もう1つStudents for a Free Tibet による閲覧注意!チベット人の遺体写真2

これを見ても中国の主張をあなたは信じますか?
これを見ても政治とオリンピックは分けて考えないといけないと思いますか?
中国は虐殺を平然と行っているのです。
だからこそイギリス、フランス、アメリカで激しい抗議活動が起こるのです。





チベットの歴史
チベットの歴史byダライ・ラマ法王日本代表部事務所

チベットは中国に侵略された国家です。
そして現在では中国により自治区ということになっています。

現在でも中国政府は、チベットに鉄道を通す、漢民族の移民、急速な漢民族による近代化により着実に既成事実を作り上げています。漢民族がそこで生活して漢民族の割合が増えれば結局独立という動きをつくることはできません。現在中国は武力による侵略の段階をクリアし、チベットの内部的侵略に乗り出し既成事実を作り上げている状況なのです。

スポンサーサイト
嘘つき! 英語を読めるなら、外国人が書いたチベットの真実を自分の目で確かめてください。
http://www.michaelparenti.org/Tibet.html
[ 2008/04/13 10:25 ] [ 編集 ]
[ 2008/04/13 11:26 ] [ 編集 ]
>嘘つき! 英語を読めるなら、外国人が書いたチベットの真>実を自分の目で確かめてください。
>http://www.michaelparenti.org/Tibet.html

で、読んだけどね。あんた、何言ってんの?MichaelParentiの言ってることは、
It's just an explanation of the Chinese Government point of view by an old fashioned left wing writer who has always supported the Chinese communist government.
Yes, most of what he says is true BUT!! He has BENT the TRUTH to support China's actions and control of Tibet.
This is just the SAME as CHINESE PROPAGANDA.
TRUELY, history is in the eye of the beholder.
ここまで一気に書いたけど・・英語わかるよね?
No society in history has ever been perfect. And of course Tibet was no exception. Injustice existed there like anywhere else. However, it should have been up to the Tibetan themselves to change their society and government as they saw fit.
The mere fact that so many Tibetans have escaped their own country and periodically risen up against Chinese rule since 1956 is enough to prove that China's propaganda machine has warped true individual facts and woven them into a tapestry of LIES!!!!
あんたが、これ読解できることを祈ってるよん。
[ 2008/04/14 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

freetibet nagano

Author:freetibet nagano
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。