FREE TIBET IN NAGANO

2008年04月26日、北京オリンピック聖火リレーが長野に来ます。聖火リレーでチベットを応援しよう!!
説明とか色々
このブログはリンクフリーです。北京オリンピック長野聖火リレーのコース紹介がメインです。 チベットのために何かしたいと思っている人は志を同じとする人が集まる掲示板やSNS、その他コミュニティサイトでどんどん紹介してください。

★長野市民の皆様・チベットのために長野市に来る方、チベット国旗を用意して聖火リレーの沿道に並びましょう。

【穏健的抗議方法】4月26日に長野市内で行われる北京五輪の聖火リレー

「聖火リレーでチベットを応援しよう」まとめサイト

大規模OFF板【胡錦濤来日時に東京をチベット旗だらけにするOFF 】@ wiki

チベット事件のまとめガイドライン

2ちゃんねる大規模off板

★スレッド一覧でCtrl+Fで「チベット」と検索すればスレッドを発見しやすい。

2ちゃんねる大規模off板スレッド一覧

★2ちゃんねるのチベット関連スレッドに問題が発生した場合やテンプレの保管、スレッド流れ回避のためにここで議論、オフ当日の居場所確認や集合場所などの実況にご利用ください。

大規模オフ板チベット関連避難所

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北京オリンピック長野聖火リレーコース動画■2 

この記事の続き
投稿者: shootylow08さんが公開した動画

リレーコース⑩⑪⑫


リレーコース⑬⑭⑮


リレーコース⑯⑰


リレーコース⑱⑲⑳

長野市に乗り込んでくる中国人情報 

東京華人網翻訳なので情報に不備があるかもしれません。

動員人数は200名。カンパで集まったお金で中国国旗や日本小国旗を並べて、長野駅や善光寺でアピールする予定。(日本の小国旗なのか日本小国の旗なのかという―。)



前日25日深夜にJR上野駅に集合して大型バス4台で長野市に乗り込んでくるようだ。
【集合时间】4月25日周五晚上23:45(暂定)
【時間の集会する】4月25日金曜の晩23:45(暫定する)

【集合地点】上野JR车站附近停车场(具体位置请待通知)
【集合場所】上野JR駅付近の自動車駐車場(具体的にどうぞ通知を扱いなさいことを掲載する)



アピールする内容
①一つの世界、一つの夢
②中国頑張れ! 北京頑張れ!
③連帯、友情、進歩、調和、参与、夢











■コメント欄の通りすがり@free_tibetさんから正確な翻訳をいただきました。ありがとうございます。
動員されるのではなく2ちゃんねるの掲示板と同じように中国のためという志がある方々ということがわかりました。(ただし真偽のほどは不明)

ダライ・ラマ14世の言葉 

ダライ・ラマ14世は
「私は北京オリンピック開催を賛成している」
「暴力的手段で聖火リレーを妨害するのはよくない」
「私はチベットの高度な自治を要求しているだけだ」
「表現の自由は大事こと、しかし暴力で押さえつけてはならない」
「中国人も被害者だ。自由に情報を得ることができない」
という発言をしています。(私の記憶からなので完全な発言と保証できません)

これをどのように受け止めるかは人それぞれ、個人の自由です。
ダライ・ラマ14世も「私は彼らに黙れ!という権利はない」とも発言しています。

結局これは誰でも深読みや裏読みができることです。
ダライ・ラマ14世は非暴力・不服従の精神でいてほしいとも解釈できますし、指導者という立場だから軽率な発言はできないと解釈できますし、なによりチベット民族が人質になっているので軽率な発言ができないとも想像できます。指導者の立場として、仮にチベットの独立を望んでいることを表明する、チベットで起きたチベット人の行動は正当だと発言すれば間違いなく中国側に『口実』を与えることになります。本当は心の中でチベットの独立を願っているかもしれません。こればかりは本人しかわかりません。

ただ、私達はダライ・ラマ14世の本心はわかりません。
そのために穏健的で平和な抗議をするのか、それとも積極的に完全自己責任で抗議をするのかといった具合に分かれてしまいます。受け止め方は人それぞれだからです。本当はチベットを独立させてやりたいと言えないダライ・ラマ14世を代弁するために行動するといわれれば仕方ありません。

しかし今回の長野聖火リレーはできる限り、穏便に平和に抗議したとほうがいいと思います。
このまま各地で暴力や聖火リレーの妨害を伴う抗議が頻発すれば心を痛めたダライ・ラマ14世は中国と対話する機会の可能性を捨て引退してしまうかもしれません。そうなれば中国の思い通りです。ダライ・ラマ14世がいなくなれば、一時的に中国から指導者が派遣され14世が亡くなれば中国が用意したパンチェン・ラマ11世が次のダライ・ラマ15世(14世の生まれ変わり)を決定するでしょう。(チベットが認定した11世と中国政府が認定した11世がいます。前者は保護という名目で中国に拉致されています)

今現在、中国はチベットの外堀を埋め、ダライ・ラマとパンチェン・ラマの認定決定権を握り、後は時間の経過を待つだけの状態です。こうして中国側の描く都合の良いチベットが出来上がっていくのです。ダライ・ラマ14世も年齢がだんだん高齢になっていきます。そして遠くない未来『昔はチベットと呼ばれる場所があったんだ』ということにもなりかねません。私自身も積極的に完全自己責任で抗議する人には黙れとは言えませんが、できれば穏健的な方法でよろしくお願いします。
[ 2008/04/12 13:19 ] ダライ・ラマの言葉 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

freetibet nagano

Author:freetibet nagano
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。